facebookの設定を見直す(なんだかあまり”友達”増やしたくないなー)

facebookにおけるタグ付けは、個人的に嫌いだ。しかし通常の状態ではONになっているのでこの設定がダメであることに気づくのは不本意なことがあった後である。リスク管理の意味で良くないし、それはつまりこちらのツメが甘かったということでもある‎。(今回は愚痴のような投稿であり、以下は本当に愚痴の部分です)

ひょんなことから、とあるセミナーを一緒に受けている女の人とご飯を食べることになった。ちょっと彼女のそのやり方が強引で、それ自体も閉口してしまったのだが、彼女はfacebookにタグ付けをして写真をアップしてしまったのだ。

facebookにおけるタグ付けは、タグ付けされた側のタイムラインに強制的にアップロードされてしまう(そうならないような設定はできるが、‎通常の状態では、タグ付けは一方的にできて、それがタイムラインに自動的に乗ってしまう仕様である)。タイムラインの所有者がタグ付けをされた写真を消去するためには、タグ付けした本人に依頼をしないといけない仕組みになっている。つまり実名を晒しているタイムラインの所有者のすべての関係者に、この人としたしい関係にある、というメッセージングになってしまうのである。そしてタグ付けされた方は、タグ付けされるまでその可能性に気づかず、タグ付けされてしまった後では手出しできなくなってしまう。

タグ付された後からそれを修正することはできるのだが、その方法はタグ付をされた人がタグ付をした人に対して「はずしてください」とお願いをして、タグ付をした人がそれを了承するという流れを踏まなくてはいけない。

そして誤ったメッセージをその人に送りすぎたのだろう。興味が無い人がプライベートに入り込んできてしまうのを、そのうち気づくだろう、として放置していたのが良くなかった。大概の人は興味がある相手が自分自身に興味があるのかはちゃんと気にするものである、しかし必ずではない。facebookで友人関係となっている人はプライベートに入り込むことができる人であり、そこからアクセルを踏んでしまう人(プライベートに入りすぎる人)を放置しておくことは、リスク管理の意味で良くない。人が良いのは売りの一つにはなるのだろうが、それはつけいる余地が大きいということでもある。こちらもツメが甘かったということである‎。

facebookの「タグ付けされた写真」を見られたくありません。 よく、友達がタグ付… – Yahoo!知恵袋(結局これに従った。現時点でも有効)
タグ付けされている写真や投稿を自分のライムラインで非表示にしましたが、まだ他の人に見えてしまいます。 | Facebookヘルプセンター | Facebook
Facebookの写真のタグ付けの効果とタグを削除・承認制にする方法 : 安藤信作の「船橋から、小さいけれどいいものを。」

コメントを残す